▼▼▼ホームページ▼▼▼
http://kokolost.garyoutensei.com/yotukusa/template_17/template_17/index.html
▼▼▼連載小説一覧&目次▼▼▼
http://kokolost.garyoutensei.com/yotukusa/index999/index.html
▼▼▼リンク集は、こちら(楽天ブログ)▼▼▼
http://plaza.rakuten.co.jp/kokolost/diary/?ctgy=26

ブログ、ランキングに参加しています。
よろしければ、▼のボタンをクリックして下さい。
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

▼▼▼ロボットマコちゃんの日記(シーサーブログ)▼▼▼
http://robotom.seesaa.net/
▼▼▼オちる▼▼▼
http://otilu.seesaa.net/
▼▼▼携帯小説はこちら▼▼▼
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=kokolost_1


E★エブリスタ

では、▼以下より、私の世界をお楽しみ下さい。
     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

【 仕事 】

 …――目の前で自殺をしようとする女の子がいる。

 ビルの屋上から飛ぼうというのだ。

 僕はあくび。

 正直面倒くさい。仕事だから彼女に会いに来たのだ。しかし彼女はすでに死へとロックオンしており、僕の言葉など耳も貸してもらえそうもない。いくら聞いてくれなさそうだとしても聞かせるしかない。

 僕は仕事の鬼だから。

「あの。一つだけいいですか?」

 ゆっくりと落ち着いた口調で彼女へと語りかける。

「なによ。私は死ぬの。邪魔しないで。それともなに、自殺なんて良くないとでも説教するつもり。なにも知らないクセに。いい迷惑よ」

 こっちの方が迷惑なのだが。

 仕事が滞る。

 僕は仕事人であるから自殺を止めなくてはならない。仕事でなければ自殺しようが、殺人を犯そうが、勝手にやってくれと家に帰ってコタツにくるまりミカンを食べながら暇つぶしに恋愛ドラマでも見るであろう。

 屁もするかもな。

 しかし人生そう上手くはいかない。

 実際に担当である彼女が死のうとしているのだ。しかしながら本来であれば警察の仕事だし、僕なんかがしゃしゃり出てくるのはお門違い。お門違いだとしても自殺を止めなくてはならない。

「なんで死にたいんです?」

 僕がこんな事を言うのは甚だ可笑しいが、自殺だけは止めたい。

 言うまでもないが仕事の為だ。

「アハハ。聞きたい? 嵌められて借金が1億できたのよ。そんな借金返せるわけがないでしょう。それともあんたが肩代わりしてくれる?」

 合点がいった。

「では、これをお使い下さい」

 と指を鳴らし中空からアタッシュケースを取り出して開いて見せる。

 中には綺麗に収まっている1億円。

「えっ!」

「ここに1億円がきっかりと入っております」

「ほ、本気なの、あなた」

「はい。もちろん返済の必要ありませんよ。気を遣わない下さい。僕も仕事ですので」

 女は目を丸くしてとても信じられないと僕とカネに近寄る。

 うむ。

 これで彼女の自殺は阻止できた。

「本当に1億円あるの? 私、死ななくていいの? あなたは一体なにもの?」

「僕は死神。さあ、逝きましょう。閻魔大王様があなたの順番だと言っておりますよ。あなたの寿命は心臓発作で今この瞬間までですからね。あなたは死ぬんですよ」

 僕はこれも仕事だとお辞儀した。

仕事、了。
 
にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村


ネット小説ランキング
スポンサーサイト
     

【 年齢 】

 …――新進気鋭の若者が描き出す18禁な官能の世界へようこそ。

 と帯にでかでかと書かれた18禁官能小説に興味を覚える。僕はそれなりに売れている中堅小説家。新進気鋭という煽りはフレッシュな新人が書いた作品であると言いたいのだろうか。気になって棚から小説を取り出す。ぱらぱらとページをめくってみる。

 なるほど今どきの若者らしい文体と表現だ。

 なにより、エロい。

 ここまで生々しく若者のエロスを書き綴る筆力に感嘆を覚える。

 始めは好奇心で手に取ったのだが、あまりにもエロい小説であったから前屈みになりつつ、いつの間にか夢中で本のページをめくっていた。うむ。今日のオカズは決まったぞ。本の手に取り、会計をすべくレジへと向かっていった。

 そこで一人の女子中学生が僕を見つめていた。

 見たところ15歳くらいか。

 目が潤んでいる。

 なんともこっ恥ずかしい。こっ恥ずかしいが、どうやら女子中学生もこの本を読みたいのであろう。しかし僕は良識を持った大人だ。18禁作品に興味を持つ少女を諫め本来あるべき道へと戻すのもまた大人の役割であろう。

「うむ。君もこの本に興味があるのかい。でもね。大人になってからだよ」

 少女が違うと言いたいのか、無言で首を振る。

 なんとも可愛らしい。

「あたし……」

 可愛らしく首を傾げてから、真っ赤になりながら、なにかを言いたげな彼女。

 なんだ。なにを言いたいんだ。

「その本の作者なんです。18禁作品を書いた新進気鋭な15歳の小説家なんです。この度はあたしの書いた本を買って頂けるようで、どうもありがとうございます」

 僕の股間がより一層大きくなったのは言うまでもない。

 無論ロリコンではないが。

年齢、了。

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村


ネット小説ランキング
     

【 英才教育 】

 …――頭が良がいいと世の中がよく分るんだ。

 夫が生前口を酸っぱくして言っていた。本当にそう思う。その考えに賛同したからこそ結婚した。しかし肝心の夫は忘れ形見を残して死んでしまった。だかこそ彼の言葉通り、彼の残した子供に英才教育を施す。

 ともかく頭を良くしてやりたい。

 教育は胎教から始まった。妊娠中期に差し掛かり音楽を沢山聴きお腹の中の赤ちゃんに聴かせた。膨らんだお腹に朝の挨拶もしたし、「あなたには頑張って欲しいの」と度々話しかけた。絵本の読み聞かせをしてお腹も撫でた。

 その甲斐あったのか、彼は利発そうな顔つきで生まれてきてくれた。

「あなたは頭が良くなるの」

「きゃ、きゃ」

 私は目を細めて彼を見つめる。

 そうして養育の一つのプランをぶち上げた。

 この子が3歳までには言語を教え込み、日本語と英語の両方を使えるようにしたい。そして5歳までには中学校で習う学習を理解できるようにして小学校に入学させる。これはかなり難しい事だと思うが、私達の子供なんだからソレくらいはできると信じている。

 しかし学習塾に通わせるつもりはない。

 私自身が付ききりで彼に学習させ、中学に入学する頃には大学レベルの課題を与えてやりたいと思っている。そこまでやれば後は勉強が好きなるだろう。そうして大物へとなってゆく。

 ゆくゆくは大科学者か大物政治家。

 とても楽しみ。

 あ、大芸術家という道もあるかもしれない。ともかく英才教育でこの子は幸せになるの。私達夫婦が平凡だった分、この子は幸せに育って欲しい。隣ですやすやと眠る赤ちゃんを見つめながら私はまた愛情たっぷりに目を細めた。

 歪んでいるともつゆ知らず。

 …――それから20年という月日が流れた。

 ここは留置所。

 看守が捕まった男に話しかける。

「あんた。俺とは違って頭が良さそうな顔をしてるな。なんで捕まったんだ?」

 不思議そうな看守。

「大きな詐欺でドジっちまってな。情けないぜ」

「お前、詐欺師か?」

「ああ。でもな。頭が良いってのも考えものだぜ。普通に働くのが馬鹿らしく思えるんだ。だからちんけな詐欺師なんてものをやってる。普通が一番さ」

「まあ、確かにな。俺も頭が良ければ看守なんかにならず詐欺師になっていたかもな」

「ああ。そうさ。周りが馬鹿に見えて仕方がねえ」

英才教育、了。

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村


ネット小説ランキング
     

【 依頼で候 】

 …――我が社には文章を書けない人材しかいない。

 すべからく文才がないのだ。

 私は社長。

 これから我が社の製品を売り出そうと思うのだが……、如何せん文才のない人材ばかりでプレゼンをしようにもどうにも立ち尽くしてしまう。しかしながら今という時代はなんとありがたい時代か。ネットで募集をかければ数多のもの書きが応募してきてくれて我々に変わって文章を書いてくれというのだ。もちろんヘタウマな文章から本格派のカッチリとした文章まで千差万別にだ。なんとも便利な時代になったではないか。ウハハ。

 うむ。

 今回のプロジェクトには我が社の命運がかかっている。

 故に最高級の文章を用意しようではないか。そうだな。おい。お前、今からネットで募集をかけて我が社の製品の素晴らしさを世に広めるべく文章を書ける人間を見つけろ。そうして新製品のプロモーションを行なうのだ。ヒットを生み出すのだッ!

 ……なに?

 募集要項の文章が書けないとな。

 ば、馬鹿。

 この私に振るな。私だって書けるわけながなかろう。国語は1だ。おい。お前だったらどうだ。確か入社試験の面接で国語が2だったと言ったろう。募集要項の文章を書けないか。なに。国語が2だったのはテストでカンニングしたからだと。ああ、クソがッ!

 …――我が社には文章を書けない人材しかいない。

 クハッ!

*****

 と書いている作者の国語は2でした。

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村


ネット小説ランキング
     

【 合格祈願 】

 …――自分のゲーム好きさに嫌気がさす。

 頭にドット絵が描かれる。

 勉強、勉強。

 俺は今年高校受験なんだが、ゲームが好きすぎてまったく勉強が手に付かない。家族も受験を応援してくれているんだが、どうしてもゲームの続きが気になってしまい、気づくとゲームをしていて朝を迎えるなんて事は日常茶飯事だ。

 むしろこのままゲームをやり続けて生活できないものかとも思う。

 確かに世の中にはゲームで飯を食っているヤツもいる。

 いるが、実際は一握りだ。

 いくら中学生だろうと一般人代表とも自負している俺がゲームで飯を食っていけるなんて甘い妄想はもっていない。むしろ受験の間だけゲーム禁止なんて張り紙を勉強机の前に貼って、絶対合格なんてはちまきすらしめている。

 ゲームやりてぇー。

 勉強ッ!

 ゲームを封印して勉強していると体が痒くなってくる。

 一種の病気なんだろうか。

「集中ッ!」

 俺はゲームで鍛えた集中力を勉強に生かそうとする。

 余計にゲームがしたくなる。

 うん。病気だな。

 ゲーム好きな俺が今日もなんとか机にかじりついて勉強をしていると妹が部屋に入ってくる。俺達は仲が悪い兄妹だ。いつも俺が妹を苛めている。その腹いせだろうかゲームをせずに勉強をしているのをせせら笑いに来たのだろうか。

 いや、目の前でゲームでもやる気か?

 日頃の腹いせで敢えて。

 俺は椅子から身を乗り出し体を反転させ妹を見つめる。

「なんかようか?」

「ああ。アニキ、アニキの為に合格祈願の限定商品を買ってきてやったのよ」

 なんと妹が俺の合格を祈願してくれたらしい。

 ちょっと感動。

 いつもいつも苛めて済まん。

「合格祈願限定モデルの携帯ゲーム機よ。これで思いっ切りねッ!」

 ……。

「ちなみにお値段は16000円也。アニキの小遣いからちゃんと払ってよね。アハッ!」

 俺は無言で立ち上がるとバットを持ち出した。

 先端に釘が刺さったバットを。

 ……、滅殺ッ!

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村


ネット小説ランキング
プロフィール

四草めぐる

Author:四草めぐる
将来、月に移住したいと思う今日この頃。現実的には一歩、一歩、着実に。基本を大事に。

時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
4323位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
902位
アクセスランキングを見る>>
ポチッとな
カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
読書のスるメ
ブロとも一覧

十文字掌編小説ぶろぐ

二丁目の夕日!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
日本ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。